特集

特集 学校給食

今号の特集は、本誌2度目となる学校給食。前回の特集(2016年4月)から5年近くが経ち、子供たちの「生きた教材」である学校給食は、どのような発展・変化を遂げているのか?

全国的なデータを示すと共に、学校給食の現場に関わる異なる立場の方々に取材し、それぞれが目指す学校給食の在り方や、子供たちの食に対する思いについてお話を聞いた。

※この記事は「産直コペルvol.46(2021年3月号)」に掲載されたものです。

千葉県いすみ市 田植えのイメージ
【特集 学校給食】10年先、20年先に “いすみっこ”たちが誇れる 故郷であるために/千葉県いすみ市 2017年10月、市内すべての小中学校で提供される給食のご飯を、全国に先駆け無農薬・無化学肥料の地元産有機栽培米に切り替え話題となった千...
この記事を書いた人
産直コペル 編集部
この記事は、産直新聞社の企画・編集となります。