特集

特集 シェフが求める直売野菜

新鮮でおいしい産直野菜に消費者の注目が集まっている。

そうした状況下、直売所で食材を調達する飲食店も増えている。

毎週、もしくは毎日のように食材を求めて来店する飲食店との提携は、直売所運営を考える上で重要な要素にもなりうるだろう。

直売所によっては、そうした飲食店と提携し、売上の半分近くを卸しで担う店や、西洋野菜の栽培を生産者とともに進める店も出てきている。

農家と飲食店との直接取引は以前からあったことだが、その間で直売所が担う役割はどんなものだろうか。

今回の特集はシェフが求める直売野菜と題し、シェフと取引のある直売所や生産者、シェフからお話を聞き、農家と飲食店の中継地点としての直売所を考えてみた。

※この記事は「産直コペルvol.36(2019年7月号)」に掲載されたものです。